漫画やイラストで収入を目指す!自宅で稼ぐ3つのコツ!!

漫画やイラストで収入を目指す!自宅で稼ぐ3つのコツ!!

1.自分の好きな事を仕事にする

子供のころから絵が好きで、漫画を描くのが得意だったでしょうか。いまはウェブ漫画が主力になりつつあります。
ウェブ漫画家は通常の雑誌連載よりもハードルが低く感じられますから、漫画家の夢をネットで叶えられる確率は高くなっています。
今こそ自宅仕事でウェブ漫画家としてデビューを目指してみませんか。

2.ウェブ漫画は自宅でじっくりと描いていける

雑誌に掲載されることを目指さなくても、ネット上の掲載がされることでお金をもらえるのがウェブ漫画家です。
いまウェブ漫画のサイトはかなり増えていて、連載をしている作家は徐々に増えています。
スマホなどによって配信された漫画を気軽に読めるアプリがいくつも登場しています。そうしたウェブ漫画サイトに投稿して採用されることを目指していくことになります。
基本的に漫画家として採用されるためには、漫画の画力とストーリーの面白さが評価ポイントになります。画力が今一つだとしても、ストーリーの面白さが評価されて掲載されている場合も多くなっています。主人公などのキャラクターが優れているところから、面白い話を膨らませていくことができます。

3.副業としてネットのイラストの仕事も

ウェブ漫画を描くことを目指すなら、同時にイラストを描いてお金に換えてみる、そんな自宅仕事の副業も検討してみましょう。
ネット副業としてイラストを描く仕事はおすすめです。たとえばLINEスタンプだったりイラストダウンロードサイトなど、イラストで稼げるサイトはいくつもあります。
イラスト1枚がダウンロードされて得られる収入は少ないですが、ダウンロード回数が増えるたびに収入は大きくなります。
だからイラストをひとつだけを描くのではなくて、いくつも描いて投稿していきましょう。この場合にも画力とアイデアが必要になります。
LINEスタンプの場合、上手くいけばかなりの収入が期待できます。ウェブ漫画と同時進行して、収入を目指して行ってもいいですね。

まとめ

絵がプロほど上手じゃないからといって、ウェブ漫画家をあきらめる必要はありません。基準に達していれば採用される可能性は十分にあります。
漫画配信サイト「GANMA!」ではウェブ漫画家を募集していますが、漫画が採用されれば原稿料+ボーナス+支援金をもらうことができます。給与としては連載だけでは足りないということはあるかもしれませんが、いずれコミックスとして販売されるようになれば、大きな収入になることが期待できます。
ウェブ漫画はプロ経験のある漫画家でも、まったく未経験の素人でも、だれでも連載を目指すことが出来ます。自分の夢を自宅仕事にしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ