サラリーマンの副業として注目の新聞配達

サラリーマンの副業として最近注目されているものに、新聞配達のバイトというものがあります。新聞配達のバイト自体は、新聞奨学生などの関係からも、昔から学生のバイトとして人気がありましたが、近年は経済状況の改善といった要素もあり、奨学金を貰って学校に通うといった学生が減ってきており、新聞配達のバイトの応募も減少傾向にあったのですが、そんな人事不足の状況の中で目を付けたのが、サラリーマンの副業としての需要でした。

では何故新聞配達のバイトがサラリーマンの副業として向いているのかというと、そこには勤務時間が関係してきます。ご存知のように、新聞配達は原則早朝に行われます。場合によっては、早朝よりもむしろ深夜と言ってもいいのかもしれません。そのような時間に行われる為に、サラリーマンにとっては夜勤などを行っていない限りは、勤務時間が被らないのです。

実際にこの副業を行っている人を例にすると、仕事から帰ってきて少しゆっくりしてから就寝し、夜中の1時から2時くらいの間で起床、その後新聞配達のバイトを行った後、会社へと出社をするまでの間に仮眠、仮眠後出社というスケジュールを繰り返している人もいます。

注意すべき点としては、睡眠不足により会社で眠たくなってしまい、本業の方に差し障ってしまう可能性があることですが、夜の8時か9時には寝ておけば4,5時間は寝れますし、配達が早く終われば出社までに2時間くらいは仮眠が出来る場合もあるので、そこの心配はそれほど必要ないと思われます。ただ趣味の時間などは、ほとんど取ることができませんが。
これをだいたい週5回続けるだけで、月に5万を越えることもありますし、慣れてきて配る部数が増えれば増えるほど、さらに稼ぐこともできます。本業の方が残業などがほとんどなく、だいたい決まった時間に終わる仕事で、勤務内容もあまり肉体を使っものではなく、体力的にも余裕があるといったようなサラリーマンならば、一度サラリーマンの副業として考えてみるのもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ