在宅ワークで十分に注意が必要なこと

公開日: 

在宅ワークで十分に注意が必要なことは、まず納期を厳守することです。クライアントとの打ち合わせでは、仕事の進め方の他、納期の話をすることになります。お互いに納得した上で決定した納期にも関わらず、仕事をする側の都合で納期に間に合わなかったり、遅れてしまったりなどは、クライアント側からすれば迷惑な話です。クライアントは、依頼した仕事がなければ業務に支障を来す可能性があるので、納期が遅れてしまうことは避けるようにするのが家で働く場合に注意が必要です。

体調不良や誰にも予期できない出来事が起こった場合は、クライアントにその旨を素直に伝えることで、納期を延長していただける可能性があります。しかし、どのような理由であれ、納期が遅れてしまうことは、信頼に影響することは避けられません。仕方ない理由であっても、納期に遅れることがないように仕事を進めるのが受注した者の責任です。

例えば、万が一の状況を想定した納期を設定します。体調不良や予期できない出来事が起こっても問題無い納期を設定しておけば、クライアントに迷惑を掛けることはありません。ただし、納期は受注する者が自由に決められるものではありません。ですから、しっかりと話し合いをする必要があります。話し合いの結果、余裕のある納期ならば仕事を受け、余裕のない納期の場合は、高い報酬の場合でも見送った方がお互い時間を無駄にせずに済みます。

それでも、在宅ワークで稼ぎたい場合は、厳しいと感じるような納期だったとしても、仕事を引き受けなければならない時がやってきます。高報酬の仕事を余裕のある納期で引き受けることができれば、それは非常に恵まれていることです。しかし、ビジネスの現場ではスピードが大切です。スピードのある仕事ができるようになれば、クライアントから高い評価を得ることができます。評価が高くなれば、魅力的な報酬の仕事が舞い込んでくることがあるので、在宅ワークではスピードを意識して仕事をすることは重要です。