在宅ワークが将来的に普及するでしょう。

在宅ワークが将来的日は普及するでしょう、なぜだかと言うと今はインターネット環境がかなりの進化をしているからです。在宅ワークは、家に居ながらでも仕事ができるという利点があります、通勤時間や会社へ縛られなく家で仕事を蚊なせるのでいつでも仕事が出来会社にいるのと変わらす成果を出せるのです。でもやはり家での仕事ややはりメリハリをつけないとだめでしょうね、だらだら仕事をするのと会社でのデスクで仕事をするのは環境のせいかもしれませんがやはり違います。

在宅ワークでは、また自分の仕事内容にもよりますが簡単なデータや資料造りなら会社でも家でも変わりません。また今では、インターネットの普及でビデオ通話が出来たりしますので家で会議などできそうです、遠い異国の地などで仕事もできたりできるので大きな進化ですね。しかし全くデメリットが無いとも限りません、家に綴じ込むりっきりの生活にもなりかねませんね、会社は始業時間と就業時間がありますので仕事と私生活での切り替えが出来ますがこれが家でしたらずーっと部屋にこもりっきりの生活になると心身ともによくありません。

また会社などが負担していた通信料やパソコンなど自分で用意してしなければならずコストカットをしてきそうですし孤独の仕事になりかねません。東日本大震災で多くの企業がダメージを受けました、会社が無く家もなく路頭に迷う人も多かったです、奇跡的に会社が存続した企業もとても営業できる状態ではなく在宅ワークで家に居させて仕事をさせた企業も多かったそうです。これが見直され最低限の設備があれば営業できるメリットがあり存続した企業も出てきました、インフラ設備さえ整っていらばどのような環境でも仕事ができるのはいいですし、会社としても会社はないが会社として姿なき会社として復興していけるので大きな進歩です。これから更なる姿で進むでしょう、インターネットの進化は時間や場所に囚われないので在宅ワークにはもってこいの物ですからね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ