在宅ワークは内職的な副業ではない

 給料が上がらないなら何か新しく仕事でもしなきゃなぁ、なんて思うことはみんな同じらしくて今はちょっとした副業ブームらしい。実際、ネットを使った在宅の仕事がどんどん増えているし、テレビの情報番組でも取り上げられている。私の周りでも実際に最近お金稼ぐ方法の一つとして在宅ワークの副業をはじめた人がいるほどです。

 在宅の仕事が全てのお金稼ぐ方法というわけではないが、時間の使い方がある程度自由だから副業向きなのは確かだとおもいます。外に仕事を持っているサラリーマンよりも普段自宅で家事や育児をしている主婦向けともいえる。

サラリーマンは社内規則で禁止されていることが多いので、副業をしたくてもできないことが多いのだが、主婦ならそんな縛りはないし、家事や育児の合間の時間を使って出来るのだから、在宅の仕事というのはむしろ主婦向けの働き方じゃないでしょうか。お金稼ぐ方法の一つとして取り組んで自分のお小遣いにしている主婦もいるようです。

 在宅の仕事はたとえばWEBサイトの作成やアプリケーションの開発、企業のロゴやマークのデザインなど専門知識や技術が必要な仕事もあり、単純作業一色の時代ではなくなっているのだ。主婦の中には、そういったスキルを持っていても眠らせたままになっている人がいる。

結婚や出産で仕事を辞め、その後も主婦業で忙しくて外に出て働くことが難しい人たちだ。そうした人たちでも在宅なら働くことが可能になります。経験や知識を活かすこともできる上にお金稼ぐ方法の一つでもあるのだから一石二鳥だと思います。

 将来もっと時間に余裕が出来たとき、本格的に仕事を再開するときにも役に立つだろう。複数の仕事を掛け持ちすることもできるし、時間や報酬など条件が揃えば本業並みにお金稼ぐ方法にもなる。そう考えると在宅の仕事という働き方には本業も副業もなく、ただお金稼ぐ方法の一つなのかもしれない。

お金稼ぐ方法はたくさんあり、例として主婦向けだと書いたが、会社で許されている場合はサラリーマンでも在宅の仕事を副業としてできたりする。昇進を狙うより在宅で新たに仕事をする方がお金稼ぐ方法として効率がいいかもしれない。

サブコンテンツ

このページの先頭へ