在宅ワークを集中して行うコツ

在宅ワークのメリットといえば、家にしながらにして仕事ができることから、育児や介護をしながら働けるということが最も大きいのではないかと思います。外に出ていく必要がないため、女性の場合は特に化粧をしたりといった無駄な時間を持つ必要もなく、いつでも好きな時間に働くことができますよね。

しかしそのいつまでも好きな時間に仕事ができるということは、在宅ワークをしている人にとっては逆に大きなデメリットとなる場合もあるのではないかと思います。というのは、家で仕事をしているとオンとオフの切り替えをすることが容易ではないからです。普通の人は玄関から出たら、または職場に着いたら仕事モードになることができることでしょう。しかし在宅ワーカーの場合は常に家にいます。家が職場なので、自分の気持ちを切り替えるきっかけが持てないことが多いんです。

きっちりとした性格の人ならその限りではないのかもしれません。でも多くの人がこの罠にはまるのではないでしょうか。今日は9時から仕事をしよう、と最初は考えていても、気づけばテレビを眺めるうちにお昼になってしまったり、今しなくても良いことをやってしまったりとなかなか効率的に仕事をすることはできませんよね。

そこで私がおすすめしたいのが、とにかく仕事をするときは場所を変えるという方法です。家の中でも構いません。仕事の時はこの部屋に行く、という場所を決めるんです。本当は外に事務所を借りるのが一番良いのでしょうが、なかなかそうもいきませんよね。そこで家の中に事務所を作ってしまうんです。部屋をひとつ確保するのが難しいという場合は、机でも構いません。仕事専用の机を新たに導入するんです。そうすることで、この部屋に入ったら、この机の前に座ったら、仕事をしないといけいないのだという暗示を自分にかけられるようになるはずです。これが習慣化すれば、自然と家にいても決まった時間に働くことができるようになります。在宅ワークをしているからこそ、きっちりと働けるようにしたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ